名古屋でおすすめの着物買取店専門店まとめ

名古屋と言えば美味しい食べ物も多く、国内外問わず人気の都市です。

着物で観光するのにぴったりなスポットも多いのですよね。

このページでは名古屋にある着物買取店の一覧や、おすすめの観光スポットなどをまとめたので参考にしてください。

名古屋で持ち込み可能な着物買取店一覧

バイセル 栄セントラルパーク店

住所 愛知県名古屋市中区錦3-15-13 セントラルパーク地下街 セントラルパーク内B1F 22番店舗
営業時間 10:00~20:00
休日 入居している商業施設の営業時間に準じる
電話番号 0120-542-668
URL https://buysell-kaitori.com/first/store/nagoya/
口コミ評判 基本的にスタッフの対応が良かった、という口コミが大半を占めており、はじめて着物を売る方でも安心して見積もりをお願いできそうです。ただ一部スタッフによる電話対応に問題があるという評価もありました。良い状態のものは他の業者よりも比較的高い値段で買い取ってくれることも多いみたいです。

福ちゃん 愛知 名古屋店

住所 愛知県名古屋市昭和区阿由知通5丁目13番地
営業時間 10:00~19:00
休日 年中無休
電話番号 0120-346-210
URL https://www.fuku-chan.info/store/nagoya.php
口コミ評判 名古屋市内でも人気のある買取店で、全体的な評価も非常に高いです。スタッフの対応や査定における丁寧さなど、様々な部分が口コミで評価されていました。着物にも強みがある点は大きな魅力でしょうし、買取依頼に慣れていない方も訪れやすいと評判です。

彩羽 新栄店

住所 愛知県名古屋市中区新栄2-4-7 東和パークビル 東館3F
営業時間 09:15~17:30
休日 不明
電話番号 0120-655-168
URL https://iroha-kimono.com/
口コミ評判 Googleでの口コミ投稿は確認できませんでした。規模はそれほど大きくはないものの、新栄店には専門の鑑定士がいますし、気軽に着物の持ち込みも可能です。知名度は大手には敵いませんが、テレビ愛知の放送で特集されるなど、安心できる要素はあるようです。

コメ兵 名古屋本店 本館

住所 愛知県名古屋市中区大須3-25-31
営業時間 10:30~19:00
休日 不定休
電話番号 052-242-1522
URL https://www.komehyo.co.jp/store/nagoya-honkan
口コミ評判 名古屋最大級の着物の買取にも対応しているショップなので利用するお客さんも多く、Googleでの口コミの量も非常に多いです。全体的に評価が高く、査定士のレベルが高いという文言も見られます。スタッフの接客能力も高いようで、大切な着物売却の際にも安心できそうです。

きもの屋五一〇 いりなか店

住所 名古屋市昭和区滝川町59-1五籐ビル杁中1F
営業時間 10:00~17:00
休日 月・火・水
電話番号 052-833-5025
URL http://kimonoya510.jp/
口コミ評判 可もなく不可もなくという口コミ評価ですが、やはり着物に特化しているという点はポイントが高く、安心して買取希望のお客さんが訪れているようです。専門知識をもったスタッフが多い点も安心要素となっているみたいです。ただ営業曜日が少ないのはマイナスです。

美彩屋

住所 愛知県名古屋市東区徳川1-14-1徳川ビル7階
営業時間 09:00~18:00
休日 日曜日
電話番号 0120-02-3733
URL https://re-kimono.net/
口コミ評判 Googleでの口コミ数が少なく利用者もそれほどいない印象です。評価は低く、「担当者からの連絡が1週間経ってもない」というレビューもみられます。しかし創業してから90年間経過しており、長年着物買取に携わっている実績は魅力的ですし、1点ずつ根拠がある査定額の提示をしてくれる点は評価すべきでしょう。

着物はなもり

住所 愛知県名古屋市中区大須三丁目30-60 大須301ビル 6F
営業時間 10:00~18:00
休日 不明
電話番号 052-898-2273
URL https://kimono-hanamori.jp/index.html
口コミ評判 有名な人物が製作に関わった着物以外もしっかりと査定をしてくれるという評価があります。着物のみならず関連する和装小物なども同時に買取可能です。しかしメジャーな買取ショップに比べると利用者が少なく、実際に利用した方の口コミを知るのはかなり難しいです。

たんす屋名古屋栄三越店

住所 愛知県名古屋市中区栄3-5-1 名古屋栄三越店 8F
営業時間 10:00~20:00
休日 休館日に準ずる
電話番号 052-252-1751
URL https://tansuya.jp/store/tansuya-nagoya/
口コミ評判 かなり立地条件が良くて持ち込みやすい、と言う評価も多いです。名古屋栄三越に入居していることからも安心感をもって着物買取を依頼できます。エレベーターはあるもののお店自体は百貨店の8階に位置しており、大量の着物を持ち込む際には大変でしょう。

BRAND OFF 大須店

住所 愛知県名古屋市中区大須3丁目24番44号 スクウェア B1F/1F 大須セントラルスクエア
営業時間 10:30~20:00
休日 年中無休
電話番号 052-252-5666
URL https://www.brandoff.co.jp/shop_list/shop.php?shop=010nagoya_osu
口コミ評判 様々なブランド用品などを扱っていて買取実績もかなり豊富です。Googleの口コミ評価は平均3.4とまずまずの数値。口コミに対してスタッフが返信していて、利用者の意見を積極的に取り入れる姿勢を見せています。着物に特化していないため、場合によっては正当な評価が得られない可能性も考えられそうです。

パーパス 名古屋大須店

住所 名古屋市中区大須二丁目16番14号 シティコーポ大須2F
営業時間 10:30~19:30
休日 年中無休
電話番号 052-218-7488
URL https://www.purpose-inc.co.jp/shop/
口コミ評判 Googleの口コミ件数は10件程度ですが、平均が5点満点という買取ショップです。着物買取に慣れていない方も入りやすい店構えと落ち着いた店内も魅力です。実際にここで売却するかどうかは別にしても、気軽に査定をお願いしやすいのは嬉しいポイントです。

着物デートや散歩にぴったりのおすすめスポット

名古屋は近代的な街であり、日本における重要度の高い都市です。

しかし違った面から見てみると、歴史を感じさせるスポットも数多く存在し、着物姿で散策してみたくなる場所でもあります。

名古屋城や徳川一族に関する施設、各種公園など…

名所では意外と着物を着ている人を見かけることも多いので、是非皆さんも和装体験をしてみてはいかがでしょうか。

名古屋城、金シャチ横丁

名古屋を代表する観光名所と言えば名古屋城が有名です。

特に金のシャチホコは名古屋城ならではの装飾物として知られ、日本はもとより世界中の観光客が注目していました。

もともと江戸時代が始まったばかりの頃に築城されたお城ですが、戦争により消失してしまいました。

現在では上記の金のシャチホコを屋根の上にいただき、立派な姿を見せています。

着物姿でももちろん訪れやすく、実際に着物をペアで着用してデートをする姿も見受けられます。

歴史を感じることができ、なおかつ大都会の中に自然の息吹を感じられる素晴らしいスポットです。

そしてその周辺にあるのが「金シャチ横丁」です。

名古屋城に比べると知名度は低いものの、名古屋にゆかりのある歴史的な偉人の名前を冠したゾーンも設けられています。

様々な食べ物を食すことができ、また都会の喧騒を忘れられるスポットとしても人気があります。

名古屋城見物のあとに金シャチ横丁を着物を着て巡るというのも、とてもおすすめです。

鶴舞公園

名古屋市が作り上げた初めての公園施設として知られています。

アクセス面は非常に良く、「鶴舞駅」から歩いてすぐのところに位置しています。

歴史的な建造物がいくつもあり、平成21年には公園内のほぼ全体が国の登録記念物になりました。

そして、多種多様な植物がいたるところに植えられ、季節を問わず美しい姿を見られますので、一度だけではなく季節を変えて何度も訪ねてみるのも良いのではないでしょうか。

桜の木はおよそ1200本植えられていて、名古屋を代表する花見スポットとなっています。

多彩な花に関するお祭りも開催されていて、着物姿と咲き誇る花が非常にマッチするはずです。

鶴舞公園が誕生して1世紀以上経過し、今もその存在感は失われていないので、是非とも和装で花を愛でていただきたいです。

徳川園、徳川美術館

名古屋といえば、尾張藩のお膝元。徳川御三家ということで、江戸時代には日本中から注目を集めていました。

1600年代後半に2代目藩主の隠居場所という形で作られたのが大曽根御屋敷。

非常に広大な土地の中には屋敷のみならず、たっぷりの自然も存在していました。

時代の移り変わりと共に変化した部分も多々ありますが、尾張藩にとって非常に重要度の高いこの地は、今では徳川園として自然豊かな憩いの庭園に変身しました。

壮大な自然と悠久の歴史を自分の目と心で実感できる特殊性の高い施設であり、着物姿の男女がその場にいると映えます。

四季折々咲き誇る花々の種類は違いますが、だからこそ四季のある日本ならではのとても素敵な光景を目に焼き付けられます。

着物の種類次第では暑い夏でも寒い冬でもどんな時でも、和装を楽しむことができるでしょう。

徳川園の敷地内にある徳川美術館は、当時の尾張徳川家当主が昭和に入ってから開館しました。

歴史にまつわる様々な展示品が並んでおり、御三家だからこそ収蔵可能な品も多数存在しています。

それぞれのシーズンによって異なった特別展も開催しています。

着物姿で訪れたならば江戸時代にタイムスリップしたかのような気分にもなれるため、歴史に興味がある方以外にも人気です。

着物で楽しめる名古屋のイベント一覧

様々なイベントが開催されている名古屋ですが、特に着物姿が似合うイベントもたくさんあります。

今回は代表的なイベントを3つ紹介します。

夏の夜空に解き放たれる花火、秋の夜空に現れる素敵な月の姿…。

洋服姿でも悪くはありませんが、着物姿であればよりイベントを楽しむことができるはずです。

名港水上芸術花火

名古屋が誇る夏のイベント「名港水上芸術花火」。

名古屋港ガーデン埠頭を舞台に大規模な花火大会が開催されていて、愛知県内外から多くの人々が押し寄せています。

海において花火を打ち上げるため、海面に花火が反射してとても幻想的な光景が広がります。

イベント名にもあるように芸術的な要素も取り入れ、例えばシステムで計算を行い作り上げられた、花火と音楽の融合も楽しむことが可能です。

もともと花火大会といえば浴衣姿をよく見かけますが、名港水上芸術花火においても同様です。

一般的な花火大会とは趣向の異なった芸術性の高い花火イベントを、和装にて観覧してはいかがでしょうか。

月を掬う 徳川園 観月会

上記で紹介した徳川園で秋に開催される「月を掬う 徳川園 観月会」。

優美で非日常的な雰囲気を味わえるイベントとして人気がありますが、この観月会がスタートしたのは最近のことです。

十五夜の名月を立派な庭園で楽しむ…言葉で言い尽くせない魅力を感じさせます。

開催場所は徳川園の龍仙湖。湖に浮かべた和舟がライトアップされます。

ロマンチックな雰囲気を醸し出すこのイベントは、着物姿のカップルにとって最高のシチュエーションになるでしょう。

これ以上和装姿が似合うイベントはなかなか見つけることはできません。

白鳥庭園 夜間開園

こちらも美しい月を眺めながら楽しむ、贅沢なイベントです。

開催日程は徳川園の観月会よりも長く、例えば2021年であれば9月18日~23日まで。(21日は休園日のため除く)

最寄駅から徒歩10分と少々歩きますが、目的地までの道中も着物を着たカップルや観光客にとってはとても思い出深いもの。

広大な日本庭園を散策しながら、時折空を見上げると仲秋の名月が輝いています。

水面に映る灯りがともされた平屋の建物が日本的な美意識を醸し出します。

そういった場所においてはやはり着物を着て行くのがベストではないでしょうか。